fbpx

特定非営利活動法人 もりの学舎自然学校のホームページです。

もりの学舎自然学校

もりの学舎 インタープリテーション モリコロパーク 幼児事業

2020年度第4回もりの学舎ようちえん実施しました

投稿日:

12月12日・13日、もりの学舎ようちえんを開催しました。
※もりの学舎ようちえんは「愛知県環境局環境活動推進課」主催事業です。

第4回プログラムは「もりのめぐみをたべよう!」です。

冬は森あそびにぴったりの季節。
気を付けたい生き物たちも静かに静かに過ごしている時期。
道なき森のなかにざくざくはいってみよう!

落ち葉でいっぱいの森のなか。
あれはなんだ?これはなんだ?
気になるものがたくさんです。
少しだけマスクをとって深呼吸。
どんな香りがするのかな。
耳を澄ませば鳥のさえずりが聞こえそう。
木を見上げて探してみよう。
葉っぱがおちて空が広いね。
枝にカマキリの卵がくっついてる!

森にはいろんな生き物たちが住んでいます。
キツネさん、タヌキさん、イノシシさん…
かわいいリスさんやちいさなちいさなネズミさんもいます。
みんなもネズミさんぐらいちいさくちいさくなれるかな?

みんなでネズミさんになってみます。
ちいさくなって地面をよく見てみよう。
落ち葉の下にぴかぴかどんぐりが隠れてる!

ネズミさんたちはどんぐりだいすき。
でもまだまだ食べちゃわないでね。
ここからちょっとひと仕事。
この森を出て別の場所までどんぐりを運びましょう。

運ぶ途中で違う形のどんぐり帽子を発見。
どんぐりにもいろんな種類があるんだね。

チューチュー歩いてちいさな森に到着です。
ここの森には全然どんぐり落ちてないね。
もっと寒くなったら食べるものなくなっちゃうね。
そうだ、どんぐりとっておこう!
他の動物さんたちにみつからないように隠しておこう!

ネズミさんたち、とっても上手にどんぐり隠してくれました。
冬の間食べ物に困らないように『貯食』しておくんだね。
でもどんぐりも食べられてるだけじゃないみたい。
森の生き物とどんぐりの秘密の関係です。

ひと仕事終えたらおなかもぺこぺこ。
みんなで森の恵みをいただきましょう。

インタープリターたちが貯食しておいたどんぐり。
そのまま食べてもおいしいけれど、
煎ってあげるとふわんといい香り。
鼻をひくひく匂いにつられて体が動きます。
ぱちんぱちんとどんぐりが爆ぜる音もおもしろい!

「ネズミさん、リスさん、こんなおいしいもの食べてるんだ!」
「このいいにおいが森に届いてネズミさんがこっち見てるかも!」
みんな夢中でむしゃむしゃむしゃ。
あたたかいどんぐり茶もどうぞ召し上がれ。

森の恵みをからだ全部で味わってもらった第4回でした。
みんなのにこにこ笑顔がとってもとっても可愛らしかったです。

第5回は「もりのたからさがし」です。
元気いっぱいのみんなにまた森で会うのを楽しみにしています。

もりの学舎ようちえんインタープリター
かあかあ、かずくん、ぐっさん、
ぐりこ、ばばりん、やまちゃん

-もりの学舎, インタープリテーション, モリコロパーク, 幼児事業
-,

Copyright© もりの学舎自然学校 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.