インタープリター

むささびの森へ 〜トヨタの森〜

更新日:

5月9日夕方。

もりの学舎インタープリターたちとともに

トヨタの森 エコの森ハウスにむかった。

目的は、『むささび』に出逢うこと。

もりの学舎のプログラムで『むささび』をテーマにしたクラフトを

行っているのに、むささびを見たこともないし、詳しく知らないと言う声が

あり、むささびを見に行ってみようと。

自分たちだけで、むささびが棲む神社へ行って見てみようと考えたが、

インタープリターとして、ただ見るだけではいけないと…

どうしようか考えてると、

インタープリターの仲間にトヨタの森で活動してる

「イブ」がいたじゃないですか。

トヨタの森では、むささびの定点観察を行っている実績もある。

これは、ただ自分たちだけで「見るだけ」より、多くの学びがあると思い

イブへ連絡をとった。

そうすると、イブもむささびをテーマにしたプログラムを考えていた。

タイミングがあい、開催に向けて調整し、むささびの観察シーズンは

すぎていたが、なんとか開催してもらうことができた。

 

まず、夕方にエコの森ハウスに集合。

そのお互いの自己紹介、もりの学舎でのむささびに関係したプログラムの説明を行った。

エコの森のヒゲ3からのむささびの解説につづいて

ちーちゃんによる雨森のガイドツアー。

むささびの巣箱をみたり、ふんを探したり、フクロウの巣箱をのぞいたり、

むささびや森の生きものへの興味を引き立てられるガイドツアーでした。

エコの森ハウスにもどり、夕食。

夕食後は、むささび観察のレクチャーを受け、いよいよ巣箱を見に。

今回、運の良いことにハウスのすぐそばの巣箱にむささびが来ているということで、

観察しやすいところで、飛翔シーンを見るべく待機。

しかも、巣箱に入っているのは親子のむささび。

親子での飛翔シーンがみれるかもと期待が高まり、

みんなでじっと、息をひそめて、いまかいまかとじっと身動きせず。

むささびが顔を出してはみたものの1時間ぐらい飛ぶ気配はなし。

時間も迫ってきたので、ハウスにみんなで戻り、席につくと…

人の気配がなくなったのを感じたのか、母親むささびがいきなり巣箱を

出る動きを。

みんなで急いで観察ポイントへ。早くたどりついた数名は

飛翔シーンをみることができた。

もう一度部屋へ戻ると、今度は子むささびが慌てて巣箱の外へ。

この子はまだ巣箱の上の樹の幹でじっとしていた。

飛ばないかと様子を見ていたが、時間がきて、

巣箱に戻らない子むささびが気になりながら、ふりかえりの時間へ。

 

無事、むささびの親子も観察することができ、フルメンバーでの手厚い対応で

むかえてくれたトヨタの森のインタープリター、スタッフのみなさんには感謝。

 

次の日、トヨタの森スタッフから連絡いただき、

巣を飛びだしてもどってきてなかった「子むささび」も戻ってきたようでよかった。

 

 

 

13116323_1381595858534227_4534721372845804230_o

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

-インタープリター

Copyright© もりの学舎自然学校 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.